会員登録はこちら

まずは14日間無料体験
すべてのコンテンツが利用可能です

  • UPDATE

脳卒中後の姿勢定位障害に対するリハビリテーションの理論と実践ーpusher現象に対するリハビリテーション~メカニズム、病巣、治療戦略ー

脳卒中後の姿勢定位障害に対するリハビリテーションの理論と実践ーpusher現象に対するリハビリテーション~メカニズム、病巣、治療戦略ー

脳卒中後の姿勢定位障害にはPuhser現象lateropulsionなどがあり、座位や立位の保持を困難とさせる要因となり得ます。そのなかでも、Pusher現象は、著しい姿勢定位障害であり、前額面上で麻痺側に身体軸が傾斜し、それを修正しようとする他者の介助に対して抵抗するように積極的に非麻痺側の上下肢で床や座面を押してしまう現象を指します。脳卒中全体の10~15%程度出現すると言われ、運動機能やADLの改善度が低くなるとの報告もあります。多くのセラピストが経験する理解し難く、対応に難渋する現象ではないでしょうか。また、脳幹損傷後に出現することが多いlateropulsionも姿勢定位障害の一つですが、このメカニズムをよく知ることによって治療内容はより的確なものに進歩することが可能です。
この講演によって、参加された皆様が脳卒中後の姿勢定位障害について正しく理解し、より根拠のある介入ができるようになれば幸いです。今回は、福島県立医科大学保健科学部保険科学部准教授である阿部浩明先生に、「脳卒中後の姿勢定位障害に対するリハビリテーションの理論と実践 」と題し、姿勢定位障害に関わる病態や予後予測、評価、治療方法の提案までご講義頂きます。

Tチケットを購入ボタン

 

 

セミナータイトル

脳卒中後の姿勢定位障害に対するリハビリテーションの理論と実践
ーpusher現象に対するリハビリテーション~メカニズム、病巣、治療戦略ー

講師

阿部浩明先生

日時

2022年2月13日(日)9:00~11:00

方法

Zoomウェビナー

参加費

リハオンデマンド非会員:1,100円(税込)
リハオンデマンド会員 :     0円 

会員の方はこちらのページからご参加ください。
※会員様は追記料金なしでご参加が可能です。

定員

500名(先着順)※会員は事前申し込み不要

内容

9:00~10:50 ご講義
10:50~11:00 質疑応答

アーカイブ(見逃し配信)

本セミナーはアーカイブがございません。何卒ご了承ください。

お申し込み期限

セミナー当日 9:00まで
※  定員に達した時点で締め切りとさせていただきます。

注意事項

  • セミナーの録画・録音は禁止させていただきます。
  • ご質問はQ&Aまたは口頭にてお願いいたします。
  • 大規模な通信障害やZoomの不具合、サーバーエラー等により、当日のセミナーの開催が困難な場合、後日アーカイブ動画をご案内させていただく場合がございます。
  • 講師または運営の都合により、セミナーが中止となった場合、チケット費用は返金させていただきます。
  • チケットご購入直後、自動返信メールにてチケットが送付されます。リハオンデマンドからのメールをご確認ください。なおプロモーション・迷惑メールに振り分けられる可能性がございます。ご注意ください。メールが届かない場合はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

当セミナーに関するお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願いいたします。

会員の方はこちらのページからご参加ください。
※会員様は追記料金なしでご参加が可能です。

新規会員登録のご案内

月額会員550円(税込)or 年額会員5,500円(税込)
すべてのコンテンツが見放題
別途費用なしで、その他のZoomセミナーも視聴可能
ご登録から14日間は無料お試し期間
新規会員登録はこちら

¥1,100