あなたの意見を通すための戦略。何を言うかより、誰が言うか。

自分の意見を通したい。

誰もが一度は思ったことがありますね。

自分の意見が通るとは、どういうことでしょうか。

相手がこちらの意見を受け入れるというということは、

相手の考えや行動が変わるということです。

それはつまり、「相手の行動変容を促す」ということです。

では行動変容を促すためには、どうすれば良いでしょうか。

ポイントは2つ。

 

その場での言い方と、それまでの積み重ね(信頼・信用)です。

そしてメインはそれまでの積み重ね(信頼・信用)

 

人は感情の生き物です。

そして正論では動きません。

いつも遅刻するし、会議で居眠りをしている人からの提案に対して、

前向きに受け入れることができるでしょうか。

どんな丁寧な言い方をされたとしても、

これまでの負の感情を覆すことは難しいでしょう。

もし前向きに受け入れることができるのであれば、

その人は遅刻や居眠り以外に大切な成果を残しているはずです。

 

だからこそ、自分の意見を通すための戦術は、

今この瞬間から始まっているのです。

 

相手から信用に足る人間になること。

そのような成果を残すこと。

これが大前提です。

 

客観的なデータや科学的根拠はその後です。

 

参考資料:

山田ズーニー.なぜあなたの話を「通じない」のか.筑摩書房.2006

https://www.kurume-u.ac.jp/uploaded/attachment/2422.pdf