多理論統合モデル。行動変容を促す。

行動変容はリハビリテーションにおけるカギになりますね。

そしてマネジメントにおいても重要です。

患者さんもスタッフも、そして自分も。

 

そこで今日は行動変容理論の中でも疫学的根拠に基づいている

多理論統合モデル(TTM)をご紹介します。

TTMはプロチャスカ氏により開発された行動変容のプログラムです。

5つのステージからなり、個別最適化プログラムであるため、

行動変容がスムースであることを特徴としています。

また自己効力感を重要なキーワードとしています。

 

5つステージは以下の通りです。

前熟考期:6ヶ月以内に、行動を変えようとする意図がない

熟考期:6ヶ月以内に、行動を変えようとする意図がある

準備期:30日以内に、行動を変えようとする意図がない

実行期:すでに行動変容を行なっているが、その期間は6ヶ月に満たない

維持期:6ヶ月以上行動変容を維持している

 

この評価を基にして、それぞれのステージによって関わり方を最適化します。

前熟考期:知識を与え、変容のプラス面をじっくり伝え続ける

熟考期:失敗と成功を半々として見積もっているため、失敗を一つひとつ論理的に解消する

準備期:具体的な行動をサポートする

実行期:実行の労力を和らげるために、筋弛緩法や呼吸法でストレスを減弱する

維持期:逆戻りをしないように、これまでのステップをイメージし、自信につなげる

 

TTMを使って、患者とスタッフと自分のより良い行動を促してみてください。

 

参考資料:

行動変容

多理論統合モデル