断る時の戦略。それもまたチャンス

1日24時間、1年365日、人生80年。

おおよそ皆さんに与えられた時間は平等です。

今を30歳とした場合、現役でバリバリとなると、

おそらく70歳まで。つまり長くても40年。

睡眠時間を8時間とすると、活動できる時間は27年

 

また一人の人が認識できる集団の大きさは約150人。

大きく広げても300人

 

資源がいかに有限であるかがわかりますね。

 

だからこそ、全てを受け入れることができない場面があります。

断るというやつです。

ではどんな断り方をしていますか?

 

もっともダメな方法は、「できません。」とだけ言ってしまうことです。

しかも若干ふてくされ気味で(笑)

 

これだと自分の時間はできますが、せっかくのチャンスを逃してしまいます。

 

断り方のポイントは

  1. 代替案を出す
  2. 申し訳なさそうに伝える

この2つです。

 

「明日飲みに行かない?」

「明日は行けないんですが、来週なら大丈夫です。」

 

「これできる?」

「できる限りやったんですけど、どうしてもできないんです!すみません!」

 

そうすると声をかけた方も、

何かあったらまた声をかけようかと思います。

 

断る時ほどチャンスです。

台無しにしないように気をつけてください。

 

参考資料:

http://citeseerx.ist.psu.edu/viewdoc/download?doi=10.1.1.464.5806&rep=rep1&type=pdf

グレッグマキューン:エッセンシャル思考.かんき出版 . 2014