栄養スクリーニングツールでの低栄養リスク判定にバラつきはあるの?というお話し

高齢者は低栄養のリスクが高く、低栄養をスクリーニングするツールが複数開発されています。

 

栄養スクリーニングツールにはそれぞれ特徴があり、低栄養リスクの割合が異なります。

2013年にドイツのDiekmannらの研究チームは、施設入所者の低栄養リスクをMNA、NRS2002、MUSTを用いて評価し、MNAで15.4%、NRS2002とMUSTはそれぞれ8.6%と報告しています(こちら

 

しかし、この研究は単施設で対象者数が少ないため、一般化できるかは不明でした。

 

今回紹介する論文は「栄養スクリーニングツールでの低栄養リスク判定にバラつきはあるの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ(最新エビデンス)
ブログ_エビデンス
栄養