会員登録はこちら

まずは14日間無料体験
すべてのコンテンツが利用可能です

杉本望先生

略歴

  • 2018年3月 九州栄養福祉大学リハビリテーション学部理学療法学科 卒業
  • 2018年4月 社会医療法人北九州病院 北九州八幡東病院 入職
  • 2019年3月 社会医療法人北九州病院 北九州八幡東病院 退職
  • 2019年4月 日本医療機能評価機構認定病院 産業医科大学病院 入職 現在に至る

資格取得

2021年 一般社団法人日本循環器学会認定 心不全療養指導士 取得
2022年 循環認定理学療法士 取得
2023年 日本心臓リハビリテーション学会認定 心臓リハビリテーション指導士 取得

近々の学会活動

  • 2021年 第 5 回日本 循環器 理学療法学会学術大会 「 心臓 血管 外科 術後 患者 における 術前 ダイナぺニアと術後合併症との関連」口述発表
  • 2022年 第 28 回日本心臓リハビリテーション学会学術大会 「 Preoperative frailty is associated with clinical outcomes in patients undergoing coronary artery bypass surge ry : a retrospective observational study using the Japanese Diagnosis Procedure Combination database 」 ASIA Prevent 英語口述発表
  • 2023年 第1回北九州2地区研修会 「知っておきたい急性期~在宅における心不全療養指導の実際」 依頼講演
  • 2023年 日本呼吸・循環器合同理学療法学会学術大会 2023 「 Preoperative dynapenia affects the occurrence of hospitalization associated disability after cardiac surgery 」 English Presentation Award Session 英語口述発表
  • 2023年 第27回日本心不全学会学術集会 U40 心不全ネットワーク企画 「心不全チーム運営のお悩み相談」 依頼発表

論文・研究 活動

  • 2022年7月15日 心臓血管外科関連英雑誌 Heart and Vessels に「 Preoperative decline in skeletal muscle strength of patients with cardiovascular disease afects postoperative pulmonary complication occurrence: a single‑center retrospective study」という題目でアクセプト
  • 2023年12月1日 産業医科大学英雑誌 Journal of UOEH に「 The Relationship Between Preoperative Frailty Risk as Assessed by the Hospital Frailty Risk Score and the Outcome at Discharge in Coronary Artery Bypass Grafting (CABG) Patients: A Retrospective Observati onal Study Using the Diagnosis Procedure Combination Database 」という題目でアクセプト
  • 2024年3月1日 2023年度日本循環器学会メディカルスタッフ研究助成「心臓血管外科術後早期離床後に生ずる入院関連機能障害のリスク因子と継時的変化の調査」という研究テーマにて採択

社会活動

  • 2023年3月 福岡県 心不全療養指導士 ネットワーク 世話人