パーキンソンの法則。期限の効果

ジェームズ・パーキンソンが報告した進行性神経変性疾患ではなく、

歴史学者・政治学者のシリル・ノースコート・パーキンソンが提唱した法則です。

 

簡単に言うと、「時間があればあるほど仕事は増える」と言うものです。

お金もあればあるほど出ていく…

 

コンピューター業界でいうムーアの法則に近いものですね。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ(マネジメント)
ブログ_エビデンス
マネジメント