パーキンソン病の嚥下障害に有効な治療法は?というお話し

パーキンソン病患者では誤嚥性肺炎の合併率は35%と報告されており、82%で嚥下障害が認められたと報告されています(こちら)。

 

しかし、パーキンソン病の嚥下障害に対しての有効な介入方法については明らかになっていませんでした。

 

今回紹介する論文は「パーキンソン病の嚥下障害に有効な治療法は?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ(最新エビデンス)
ブログ_エビデンス
呼吸器