フレイル高齢者にたんぱく質摂取は効果あるの?というお話

高齢者ではフレイルが社会問題になっていますが、フレイルに関連する因子としてたんぱく質摂取量が減少していることが考えられています。

 

高齢者では若年者よりもたんぱく質代謝能力が低下していたり、種々の疾患によってたんぱく質需要量が増加したりしており、最低摂取量として1.0~1.2g/kg/日が推奨されています(こちら)。

 

しかし、フレイル高齢者のたんぱく質摂取量を増やすことで筋肉量や身体機能が改善するかについては明確になっていませんでした。

 

今回紹介する論文は、「フレイル高齢者にたんぱく質摂取は効果あるの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ(最新エビデンス)
ブログ_エビデンス
地域