フレイル高齢者の心理社会面に効果的な介入は?というお話し

高齢者人口が増加するに伴い、フレイル高齢者も増加しています。

 

高齢者のフレイルは、様々な有害転帰と関連しており(こちら)、フレイル状態の改善は高齢化社会にとって喫緊の課題となっています。

 

フレイルに対する介入研究は様々なものがありますが、QOL、認知機能、抑うつ症状に何が有効なのかについては明らかになっていませんでした。

 

今回紹介する論文は「フレイル高齢者の心理社会面に効果的な介入は?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について