ホーソン実験。経済人ではなく社会人

組織行動のマネジメントにおいて、 実験的な手続きを経たものは多くありません。

数少ないマネジメント実験研究として、 このホーソン実験が挙げられます。

1930年前後にハーバード大学が中心となって行った研究で、

対象とした工場の名称がホーソン工場であったことから、 ホーソン実験と呼ばれています。

この実験は、選別、面接調査、チームの3つで構成されています。

 

まず100人の女性作業員のうち2名が選別され、 さらにその2名が4名を選抜した6名が対象となりました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
ブログ_エビデンス
マネジメント