モチベーションを高めるための戦略。外発的な動機も悪くない。

モチベーションを高めること。

これはマネジメント職の重要な役割の一つです。

しかしその方法は様々で、日々苦労されていると思います。

自分自身のモチベーションも、、、

 

モチベーションを高めることを動機付けと言います。

 

動機付けには2種類あります。

内発的外発的です。

内発的とは自分の中から湧き上がる目には見えない価値。

貢献感や達成感、自己決定感などです。

 

外発的とは外から与えられるもの。

お金、称賛、名誉、社会的地位などです。

 

外発的な動機は持続性に乏しく、

内発的な動機は持続しやすい。

 

だから外発的な動機付けは悪手であり、

内発的な動機付けを行うべき!!

という議論をよく耳にしますね。

スタッフのやりたいことと、組織の方向性を一致させる!

仲間意識を醸成し、貢献感を高めていく!

 

これらをもちろん否定はしません。

その上で一歩進みましょう!

 

外発的な動機付けは本当に悪手なのでしょうか?

年収800万円までは、日々の満足度と人生の幸福度・満足度の

どちらも年収と相関するという報告があります。

必ずしも悪手ではありません。

むしろ金銭的な報酬を無視して、貢献感だ!達成感だ!という方が

モチベーションを下げると思います。

外的な報酬を無視できるほど心底好きな仕事をしている人は

限りなく少ないものです。

だからこそ、金銭的な報酬(給与、賞与、休みの取りやすさ、研修助成など)を

獲得することは、マネジメント職として優先すべき仕事

だと思います!

 

参考文献:

https://www.jstage.jst.go.jp/article/hbfr/34/2/34_165/_pdf

https://www.pnas.org/content/107/38/16489.shortHigh income