世界的なフレイル・プレフレイルの発症率は?というお話し

高齢者のフレイルは転倒、入院、死亡、せん妄、機能障害などのリスク因子で、社会的に影響を与えます(こちら)。

 

フレイルの発症率に関しては、複数の先行研究がありますが、地域や人種など、母集団の設定によってバラつきがあったため、大規模調査での発症率については不明でした。

 

今回紹介する論文は「世界的なフレイル・プレフレイルの発症率は?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ(最新エビデンス)
ブログ_エビデンス
地域