問題解決をする思考の戦略。2つの時間軸

ある問題が起こりました。

その解決をどのようにして行いますか?

ここで問題を解決するための思考の方向性が2つのパターンに分かれます。

 

過去の知識を引き出して、似たような事例がないのかを探すこと。

そして似たような事例と今を適合させて、過去を再現する事で解決します。

なぜ?という問いかけです。

これをトレンド思考と言います。

歴史を学ぶ意味はここにあります。

過去の膨大な知識から類推すること(アナロジー)によって、

多くのことを解決できます。

ビスマルクの格言の通りです。

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ
ブログ_エビデンス
マネジメント