変形性関節症に対する運動の効果、効果的な期間、効果が出やすい対象者は何か?というお話し

変形性関節症(以下,OA)に対して、運動療法は効果的な治療法としてガイドラインにも記載されています。

2014年にイギリスの研究チームが行ったメタ解析では、下肢のOAには筋力訓練、柔軟運動、有酸素運動が効果的であることが示されています(こちら)。

 

しかし、どのようなアウトカム、どのような患者に効果的かは明らかになっていませんでした。

今回紹介する論文は、「OAに対する運動の効果、効果的な期間、効果が出やすい対象者何か?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について