変形性関節症は、減量すると関節の構造に変化はあるの?というお話

変形性関節症において、肥満や過体重は運動時の関節への負担を増強させることで、発症や症状の進行の危険因子とされています(こちら)。

 

しかし、減量することで構造的に変化があるかどうかについては明らかになっていませんでした。

 

今回紹介する論文は「減量すると関節の構造に変化はあるの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ(最新エビデンス)
ブログ_エビデンス
運動器