市中肺炎患者の早期離床は効果があるの?というお話し

肺炎は死因第3位の疾患であり、高齢者がその96.8%を占めると報告されている。

2016年に聖マリアンナ医大のYagiらは、入院後7日以内に開始された誤嚥性肺炎患者の早期リハビリテーションがADL能力改善を促進することを報告している(こちら

 

しかし、市中肺炎に対しての早期離床の効果については不明でした。

今回紹介する論文は「市中肺炎患者の早期離床は効果があるの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について