感情を使う。意外と大きなエネルギー

感情をうまくコントロールできていますか?

感情をコントロールすることが社会人としてのマナーです。

 

なんてことは言いません。

私は、感情はコントロールできないと思っていますので。

そもそもする必要がない?

 

今回は効率を高める上で大切な、感情の使い方について。

もう一度言いますが、感情を抑える必要はありません。

そもそも抑えることはできません。

うまく使うんです。

 

嬉しい時は、アイデアがわきます。

しかし判断が危うくなります。

 

悲しい時判断が公平になります。

しかし行動が起きにくい。

 

怒った時突発的な行動をしやすい。

しかしその行動は長続きしません。

 

これらの特徴を活かして、「自分のために」行動するのです。

だからこそ、やるべきことや、今日の目標などを日頃から準備しておくのです。

勉強道具などを持ち歩くこともおすすめです。

 

例えば、明日は楽しみにしていたランチ。

だからランチの後はカフェでアイデア出しをしよう。

 

悲しいことがあったから、一人で人事の判断をしよう。

 

イライラすることがあったから、勢いに任せて本を開こう。

 

こういった具合です。

悪くないですよね。

感情を押え付けず、そのエネルギーを利用してください。

 

参考資料:

メンタリストDaiGo:自分を操る超集中力.かんき出版.2016

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sjpr/57/1/57_98/_pdf