炭水化物の量で低炭水化物食の効果に差はあるの?というお話

低炭水化物食(LCD)は、減量と糖尿病の治療や予防に用いられていますが、炭水化物量によって有効性や安全性が異なる可能性があることが報告されています(こちら

 

実際に、LCDにおける炭水化物量の違いで効果に差があるかどうかについては明らかになっていませんでした。

 

今回紹介する論文は「炭水化物の量で低炭水化物食の効果に差はあるの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ(最新エビデンス)
ブログ_エビデンス
栄養