相手の話を聞く時の戦略。ウエ・ヨコ・シタ。

立場が上がるとともに、人から相談を受けることも増えます。

そして当然ながら、傾聴が求められますね。

しかしただでさえ時間はありません。

だからといって「ハイハイ」で済ませてはいけませんね。

 

そこで、傾聴するときの3つのポイントについて解説します。

これにより、聞き手の思考の負担は軽減し、

話し手の幸福度(満足度)も高まるかもしれません。

 

では3つのポイント。

ウエは目的・動機

ヨコは周辺情報

シタは方法

 

この枠組みで相手の話を聞くと、要点をまとめることができます。

 

何を目的・動機にこの話をしているのか(ウエ)。

どんなことが起こっているのか(ヨコ)。

どんな方法を検討しているのか(シタ)。

 

もし相手がどれかを話さなければ、

こちらから聞くと良いです。

優しい口調で。

 

この方法によって聞き手の思考の負担も軽減し、

より良い助言が可能になります。

 

もしかすると聞いてほしいだけなのか?

という時もしっかりと気付くことができます。

 

相手の話を引き出すことにより、

相手の幸福度(満足度)も高まるかもしれません。

 

傾聴の3つのポイント。

目的や動機(ウエ)

周辺情報(ヨコ)

方法(シタ)

さらに積極的傾聴として、これらを引き出す。

 

参考資料:

https://www.pnas.org/content/109/21/8038.short