脳卒中の上肢痙性麻痺に局所振動刺激は効果があるの?というお話

脳卒中患者では上肢の痙性麻痺がADL制限因子と言われており、40%の患者が中等度から重度の機能障害を呈すると言われています(こちら)。

 

脳卒中の上肢痙性麻痺に対しては様々な方法が検討されていますが、有効性に関しては不明な点が多くあります。

 

今回紹介する論文は、「脳卒中の上肢痙性麻痺に局所振動刺激は効果があるの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ(最新エビデンス)
ブログ_エビデンス
脳血管