脳卒中関連肺炎に嚥下スクリーニングは有効?というお話し

脳卒中患者では肺炎は良く目にする合併症ではないでしょうか。

 

脳卒中患者の肺炎は「脳卒中関連肺炎(SAP)」と呼ばれ、14%の患者で発症すると報告されています(こちら)。

 

SAPは嚥下評価を適切に行えば防げる可能性がありますが、嚥下評価の有効性は明らかになっていませんでした。

 

今回紹介する論文は「脳卒中関連肺炎に嚥下スクリーニングは有効か?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について