脳卒中関連肺炎に嚥下スクリーニングは有効?というお話し

脳卒中患者では肺炎は良く目にする合併症ではないでしょうか。

 

脳卒中患者の肺炎は「脳卒中関連肺炎(SAP)」と呼ばれ、14%の患者で発症すると報告されています(こちら)。

 

SAPは嚥下評価を適切に行えば防げる可能性がありますが、嚥下評価の有効性は明らかになっていませんでした。

 

今回紹介する論文は「脳卒中関連肺炎に嚥下スクリーニングは有効か?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

2019年にイギリスのEltringhamらの研究チームは、データベースに登録されている12本の論文を解析しています。

 

結果として、

 

  • 嚥下障害のスクリーニングをしていない患者は、SAP発症率が高かった

 

  • 早期にスクリーニングを行うと、SAP発症率が減少した。特に、ST早期に嚥下スクリーニングを行うと、よりSAP発症率が減少した。

 

だそうです。

 

ただし、調査方法や対象者にバラつきがあるため、今後さらなる研究が必要だそうです。

 

結果をまとめますと、

 

  • SAPは、早期に嚥下スクリーニングを行うことで予防できる可能性がある。

 

ということになります。

 

脳卒中患者が肺炎を発症すると、リハビリテーションの進行が妨げられてしまうため、予防に努めなければいけません。

 

看護師や介護士、STばかりにまかせず、PTやOTも嚥下スクリーニングくらいはできるようになっておいた方が良いと思います。