自分を知り、相手を知るための戦略。性格を見抜く5つの要素

自分の性格を知ることは、自分に合った方向に、自分に合った方法で物事を進めていくため重要です。

また相手の性格を知ることも、相手との距離を測ったり、共同したり、あるいは企画書を通したりする上で必要なスキルとなります。

 

経験的にできる人もいれば、難しい人もいます。

 

そこで、心理学的に性格を判断する材料として、Big 5(ビッグファイブ)と呼ばれる要素があります。

 

・神経症性

ネガティブな感情、不安、うつ、怒りなど。

 

・外向性

前向きで高い感情により社会的な活動。

 

・開放性

新しい感覚やアイデアへの知的活動や経験。

 

・協調性

友好的で思いやりといった向社会的な行動。

 

・誠実性

積極性や責任といった自己規律。

 

これらを正確に把握しようとすると、テストが必要になります。

 

テストをしなくても、この5つの要素を意識しながら自分と相手を見てみると、おおよその性格を把握することができ、良好な関係を築くことができると思います。

 

どれかひとつを当てはめるのではなく、それぞれの強さ・弱さで総合的に判断してください。

 

自分を知り、相手を知るための戦略は、

「神経症性、外向性、開放性、協調性、誠実性から総合的に判断する」

ということになります。

 

 

参考:

https://www.pdfdrive.com/tomas-chamorro-premuzic-personality-and-individual-differences-e29682406.html