認知症高齢者の摂食障害には、何が効果的なの?

高齢化が進む中で、認知症の高齢者の割合は年々増加しています。

 

認知症の症状は様々ですが、その中でも問題となるのが「食事」の問題です。

熊本大学のKaiらの研究チームは、認知症高齢者の81.4%が何かしらの摂食嚥下に関する問題を抱えていることを報告しています(こちら)。

 

しかし、認知症高齢者の摂食障害に対して、どのような介入が効果的なのかについては明らかになっていませんでした。

 

今回紹介する論文は「認知症高齢者の摂食障害には、何が効果的なの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ(最新エビデンス)
ブログ_エビデンス
栄養