財を引っ張る戦略。お金は基本給だけじゃない!

先日のモチベーションのブログにて、

外的な報酬の大切さをお伝えしました。

そのためにマネジメント職ができることは、

経営層から財を引っ張ってくることです!

 

では具体的にどのようなものがあるでしょうか?

まずは目に見えるおカネから。

真っ先に思いつくのは給与のアップ。

基本給、資格手当て、役職手当てなど。

さらに賞与。

支払いが約束されるものではありませんので、

まずはその獲得、さらにはアップ。

また、賞与の率の決定権もありますね。

ただしこれらはなかなか難しいものです。

そこで残業代、早出、遅出の手当て、年末年始や祭日勤務の手当て、

も視野に入れましょう。

残業代を早朝にもってきても大丈夫です。

 

ここからは目には見えないおカネ。

学会助成金、機器の購入、物品の購入、書籍の購入。

休みの取りやすさ、施設見学の奨励(勤務扱い)など。

これらは言い換えるとお金と同じですね。

これらから始めて実績を作っていくことと、

給与のアップまで話を持っていけることもあります。

 

さらには、人事権。

これがあると、部内(課内)で人事を決めることが

できるので、人選に納得感を作る環境が整備されます。

 

「給料を上げてくれない!」

この一点張りで“負け”を続けてはダメです!

マネジメント職は何かしら勝ち取らなければ、

スタッフから支持されません!

 

手を変え品を変え、勝ち取ってください!