非人工呼吸器関連肺炎の有効な予防方法は?というお話し

人工呼吸器とは関連しない院内肺炎(NV-HAP)は、最も一般的な院内感染と言われています。

 

2018年にアメリカのGiulianoらの研究チームの119075人を対象とした調査では、入院患者のNV-HAP発症率は1.6%であり、入院費、入院期間、死亡率が増加したことを報告しています(こちら)。

 

しかし、NV-HAPの予防に有効な方法は明らかになっていません。

 

今回紹介する論文は「NV-HAPの有効な予防方法は?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ
ブログ_エビデンス
呼吸器