高齢患者の退院後の支援サービス必要性の予測因子は?というお話

70歳以上の高齢者では、病院に入院すると、退院時には入院前よりもADL能力が低下している割合が35%と報告されています(こちら)。

 

そのため、高齢入院患者では、入院中に退院後の生活を見据えて支援サービスの調整が必要になってきます。

 

支援サービスが必要な高齢入院患者の予測因子については、まだ明らかになっていませんでした。

 

今回紹介する論文は「高齢患者の退院後の支援サービス必要性の予測因子は?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について