高齢者の食欲ホルモンはどのように変化しているの?というお話し

高齢者では食欲不振を訴える割合が増え、「anorexia of aging」と言われています。

 

高齢者の食欲不振の原因の一つとして、食欲促進ホルモン(グレリン)が減少し、食欲減退ホルモン(CCK、PYY)が増加することが考えられています(こちら)。

 

しかし、実際に食欲関連ホルモンが若年者と比較してどのように変化しているかについては明らかになっていませんでした。

 

今回紹介する論文は「高齢者の食欲ホルモンはどのように変化しているの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ
ブログ_エビデンス
栄養