心リハの運動療法の最適な運動強度は?というお話し

ある報告では、過去30年で心疾患患者の死亡率は減少傾向ですが、発症者数はほぼ横ばいであることが報告されています。

また、心疾患術後患者の在院日数も減少傾向で、より効果的な心臓リハビリテーション(以下、心リハ)が求められています。

 

ドイツの研究チームが2016年に行ったメタ解析では、心臓術後の心リハには死亡率を下げる効果があることが示されています(こちら

 

しかし、どのような運動強度で行えば良いかは明らかとなっていませんでした。

今回紹介する論文は、「心リハの運動強度はどの程度が良いの?」という疑問に応えてくれる論文です。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について
コンテンツ
ブログ
ブログ_エビデンス
循環器