心不全患者の中枢性睡眠時無呼吸症候群に気道陽圧療法は有効なの?

心不全患者では閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)または中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)の有病率が高く、それぞれOSA:26%CSA:21%という報告があります(こちら)。

心不全患者のOSAに対しては、気道陽圧(PAP)療法有効であることが明らかとなっています(こちら)。

しかし、心不全患者のCSAに対してはPAPの有効性は明らかになっていませんでした。

今回紹介する論文は「心不全患者のCSAにPAP療法は有効なの?」という疑問の応えてくれる論文です(こちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について