術前のフレイル評価はどれが良いの?

フレイル状態は様々な疾患の予後不良因子として知られていますが、外科領域においても、術前のフレイルが術後合併症など有害事象の予測因子であるため、術前にフレイルの評価をすることが推奨されています(こちら)。

しかし、フレイルの評価には様々な評価方法が用いられているため、統一した見解を示すことが難しい状況でした。

今回紹介する論文は「術前のフレイル評価はどれが良いの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について