たんぱく質摂取量は死亡率に影響するの?

たんぱく質は筋肉や免疫機能など、人体を守るために重要な栄養素ですが、たんぱく質摂取量は年々増加していることが報告されています(こちら)。

たんぱく質摂取量が増えることは良いことばかりでなく、心血管疾患などのリスクを増加させる可能性が考えられていますが、明確な結論はまだ得られていません。

今回紹介する論文は「たんぱく質摂取量は死亡率に影響するの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について