CKD患者に低たんぱく質食は有効なの?

慢性腎臓病(CKD)患者はたんぱく質摂取量を制限することが推奨されており、低たんぱく質食により、透析開始の時期を遅らせる効果が認められています(こちら)。

しかし、低たんぱく質食の相対的な有益性と有害性については、まだ一貫した成果は得られておらず、明らかになっていませんでした。

今回紹介する論文は「CKD患者に低たんぱく質食は有効なの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について