COPD患者にマッスルエナジーテクニックは有効なの?というお話し

COPD患者は、筋骨格系の問題を抱えていることが多く、特に頸椎・胸郭の痛みや運動制限は、呼吸困難感を誘発する一因となります。

 

そのため、COPD患者に対して様々な徒手療法が、その有効性を認められています。

 

その中で、有効と考えられている治療法に「マッスルエナジーテクニック(MET)」があります。

 

METは、骨格筋の筋緊張を調整して関節の運動性を改善する治療法で、頸部や胸郭の可動性改善呼吸筋力向上の効果などが期待できます(こちら)。

 

しかし、METのCOPD患者に対しての効果は不明のままでした。

 

今回紹介する論文は「COPD患者にMETは有効なの?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について