駆出率が低下した心不全(HFrEF)患者に有効な薬剤は?

駆出率が低下した心不全(HFrEF)患者のリハビリテーションにおいて、薬物療法は大きな役割を持っています。

過去の報告ではアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACEI)、β遮断薬(BB)、ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MRA)、イブラジン(IVA)、アンジオテンシン受容体ネプリルリシン阻害薬(ARNI)などについて、その有効性が認められています(https://www.deepl.com/translator)。

しかし、その他の薬剤については有効性はまだ明らかになっていませんでした。

今回紹介する論文は「HFrEF患者に有効な薬剤は?」という疑問に応えてくれる論文です(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32000355/)。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について