COPD患者の疲労感に関連する要因は?

慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者では、疲労感を訴える患者が50%と多く、機能障害QOLの低下と関連していると言われています(こちら)。
しかし、疲労感に関する調査は増えていますが、総合的に判断できるデータが不足していました。
今回紹介する論文は「COPD患者の疲労感に関連する要因は?」という疑問に応えてくれる論文です(こちら)。

 

2021年にニュージーランドのEbadiらの研究チームは、2020年1月までに登録さている196本の論文を解析しています。
結果として、
疲労の有病率は17~95%だった。
加齢女性低学歴配偶者がいない呼吸困難感増悪が多い併存疾患がある薬剤数が多い筋力・身体機能が低い抑うつ不安感健康関連QOLが有意に関連していた
一方、気流制限BMI関連していなかった
だそうです。
ただし、疲労の評価方法にバラつきがあり、研究の質の評価が行われていないため、されなる研究が必要だそうです。

 

COPD患者さんの疲労感には、多くの因子が関連しているようですね。
COPDのリハビリテーションというと、運動耐容能や筋力向上など身体機能に目が行きがちですが、精神的、社会的因子にも目を向けることで、疲労感の軽減につながり、活動や参加を促進させることができるかもしれません。

 

この記事のライター
宇野勲先生