起立動作の分析~起立練習への活用~ 新人セラピスト成長記録(回復期)#04

座位から立位への姿勢の変化は、ベッドから車椅子への移乗や、トイレへの移乗など、日常生活動作と深く関連する動作です。起立、着座が自立することによって、日常生活の範囲は格段に広がります。また、歩行にも関わっており、立ち上がらなければ歩くことが出来ません。よく実施する歩行機能評価の一つであるTUGでも椅子からの立ち上がり、歩行、方向転換、着座の複数の動作を評価することからも、起立・着座は歩行に大きく関与していると考えています。

これらから起立・着座の動作分析は重要であると考えていますが、実際にどこを見て、評価して、治療に繋げるかは悩む時が多いです。「問題点だな」とは思いますが、何が原因なのかは知識・技術、そして経験が必要であると思っています。もちろん私も原因が分からない時があります。今回は分からないと思ったときや悩んだ時の話を踏まえながら執筆していきたいと思います。

今回は起立動作に着目して執筆させて頂きます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について